安藤榮作 展 Eisaku Ando Exhibition

「REY−光の河・光の滝」

Press Release

2017 11.18 sat – 26 sun
11:00 – 17:00
会期中無休
作家在廊予定日 11/18(土)・19(日)・23(祝)

光の河・光の滝の河や滝は、揺らぎながらそこに存在する
僕ら自身のことかもしれない。
光は、その中を発光しながら流れている
生命や精神のエネルギーのことかもしれない。

安藤榮作 Eisaku Ando (彫刻家)
1961年 東京下町生まれ。1986年 東京芸術大学彫刻科を卒業。
1990年 本来の空気と水を体に取り込むために、いわき市の山中に移住し彫刻制作とサーフィンに没頭する。
2006年 同市の海沿いに引越す。2011年 東日本大震災にて被災。
自宅、アトリエ、数百点の作品、愛犬を津波で失い、原発事故を機に奈良県へ避難移住。
原木や廃材を手斧一本で彫り込み、具象抽象にとらわれず、ダイナミックな生命エネルギーを形にしている。
個展・グループ展・パフォーマンス・作品設置など多数。エッセイ集や絵本なども出版。
● 今年、第28回 平櫛田中賞を受賞。