線の先に

2019 07.06 sat - 15 sun
橋本リサ Liisa Hashimoto+小谷廣代 Hiroyo Kotani 二人展

彫刻のようなアクセサリーの橋本リサさんと、
抽象絵画の小谷廣代さんとの二人展です。
2019 7.6 sat – 15 mon
11:00 – 17:00
会期中無休

橋本リサ Liisa Hashimoto
アメリカボストン美術館付属大学にてアートジュエリーを学び、
帰国後個展を中心に作品を発表。
シルバーや真鍮・銅などを使い、身に着ける彫刻というコンセプトの
オブジェ的なアクセサリーを制作。
日常ふと目に留まったもの、自然の中にある植物、
建築物などをテーマに作品を展開している。
国内での個展を始め、海外ではアメリカ、オランダ、イタリア、
リガ、リトアニアなどを中心に個展やグループ展にも出展。
また、アクセサリーだけでなく
店舗内のオブジェやインテリアアクセサリーも制作。
Artist Information→ https://www.hinge-dept.com/

小谷 廣代 Hiroyo Kotani
幼い頃に通っていた画塾で、
いろいろな画家の模写を学んだ中で、セザンヌやブラックに影響されて、
抽象的表現で平面の制作を始める。
その後、銅版画の技法を使って、モノタイプ、木炭や墨のドローイング、
ペインティングを制作。

それらは、目に見えている実像からのイマジネーションと、
すでにある記憶の中にある様々な物との接点である。
あるいは、自由な腕の動きから現れる意識と無意識が

共存している風景かもしれない。
Artist Information→ http://www.hiroyokotani.com/